三年目

米倉斉加年を失って三年目、やるべき事はやっているが、何も成してはいない。

何かを成すことを求めているつもりでは無いが、ちと辛い。

しかし、マサカネ一座の力は付いてきているように思う。

演技は露出しなくては意味が無いが、露出していないときの修養がなくては進歩はない。

修養は出来つつあると思うが……

但し、何かしら演技者としての活動をしている人には慢心が見え、

   演技者としての活動をしていない人には、危機感の欠如からの慢心が見える。

これをなんとかしなくては、これまでだ……成すべき仕事があればいいのかもしれぬが

仕事があったらあったで、修養が出来なくなるし……難しい

しかし、もう少し生活に追われずにいられたらなと、思わずにはいられない。

 

コメント: 1 (ディスカッションは終了しました。)
  • #1

    北きつねのゴン太郎 (木曜日, 29 12月 2016 09:51)

    マサカネ一座のサイトを、読ませていただいております。
    米倉氏は、俳優として、また、画家としての足跡を残されて
    いかれました。
    これを引き継ぐことは、容易なことではないと察します。
    このような状況において、米倉氏の演劇を継承していく
    ことが、残された者に課せられた運命であり責任ではな
    いかと思うのです。
    これからにおいて、演劇に対する米倉氏の魂の入れようと
    ともに、それを発展させる前向きの姿勢も求められるので
    はとも考えます。
    新しいマサカネ一座の発展を願うなら、このように思うとこ
    ろです。
    一座の団員についても、活動状況についても、
    写真や動画などで見られたらもっと知ることが                      できるのではないでしょうか。(you tubeとか)
    益々の劇団の成長に期待しております。
    一座の皆様、良いお年をお迎え下さい。